宮崎哲弥さんを招いて

昨日5月19日、名古屋市中区役所ホールにて、評論家の宮崎哲弥さんを招いての憲法企画が、愛知県弁護士会主催で行われました。

500人の会場がほぼ満席で、若干の立ち見も出てしまいました。立ち見になってしまった方、申し訳ありませんでした。

前半が、宮崎さんのお話で、僕が聞き手を務め、その後、本さん(名大教授)のミニコンサート(?)があり、後半、宮崎さんと本さんのお二人のお話を、僕が司会として議論を進めさせさせていただきました。

宮崎さんから、マスコミ取材禁止、ということで硬く言われていたので、このブログでも、あまり詳しくお伝えできませんが、予想以上にかなり良かったと思います。

宮崎さんは、憲法とは国民から国に対する命令書なんだ、権力を縛るものなんだ、という原則を丁寧に話されました。

憲法を護るとか変えるとかの前に、まず、憲法とは何か、日本国憲法に何が書かれているかをしっかり理解しよう、9条だって何を変えようとしているのか、あるいは守ろうとしているのかすら、分かっていない人ばかりじゃないか、ちゃんと憲法を知って議論していこう、という、とても大事な提起をしていただきました。

宮崎さんと本さんとの対談も、時間の関係で掘り下げが不十分でしたが、議論が対立する点も含めて大変良かったと思っています。

実は、弁護士会には、「弁護士会が改憲論者の宮崎さんを呼ぶとは何事だ!」という電話が事前にかなり入ったようです。
しかし、参加いただいた皆さんからは、「とても良かった」という声をたくさんいただき、ほっとしております。

憲法の議論をするにあたって、例えば「護憲」論者ばかりを集めて、「そうだそうだ」と4畳半の議論をしていてはいけないと思っています。

その意味で、他流試合は大事だと思って、この企画に賛成した部分がありますが、宮崎さんが憲法についての理解を正しくされた上で議論をされたので、かみ合うところはしっかりかみ合い、かなり実りのある会になったと思っています。

僕の立ち回りは、ホスト役として出しゃばりすぎず、宮崎さんに気持ちよく話していただきながら、しかし、こちらが話していただきたいポイントは落とさず進めていく、という大変難しい役回りでした。

最初、対談相手と司会の依頼があったとき、何とか断ろうと思ったのですが、「他に適任がいない」(そんなこと全然ないと思いますが)と押し切られ、引き受けてしまいましたが、始まるまで、どうなっていくのか読めない部分がありすぎて、とても不安でした。

「あそこでああ聞けば良かった」と後悔する点もあります。

しかし、全体的には、宮崎さんと本さんが大変しっかりした議論を分かりやすくしていただいたおかげで、何とかうまくいったと思います。

わかりにくいまま終わってしまった点などは、全て司会の私の責任です。

至らなかった点は、何卒ご容赦いただきたいと思います。
[PR]
by kahajime | 2012-05-21 00:27 | 憲法