7月24日伊勢崎賢治さん講演会@名古屋・栄・教育館

<伊勢崎賢治氏講演会@名古屋のお知らせ>

 参院選が終わりました。秋口以降、安倍政権は早速「安保法制」を現実に「作動」し始めるでしょう。
 「安保法制」の最初の「作動」は、南スーダンへ派遣される自衛隊の任務に、これまで禁止されていた「駆けつけ警護」などが加えられることから始まります。

 しかし、現在の南スーダンの情勢や、PKO活動自体が変質している実態からすれば、「駆けつけ警護」によって自衛隊が他国民を殺し、あるいは自衛隊員が殺される、という事態が現実化しかねません。

 他国で一発も撃ってこなかった日本が、他国民に対して「一発を撃つ」。その「一発」が日本を大きく変容させてしまうかも知れません。

 いま、PKOのこと、南スーダンのこと。現実を直視してそこから考えることが何より大事なときではないでしょうか。
 
 そこで、国際紛争解決のスペシャリストであり、PKOの実態にも詳しい東京外国語大学の伊勢崎賢治さんをお招きし、PKOの実態、南スーダンの現実から、安保法制の問題まで語っていただき、大いに議論したいと思います。対談相手は、川口が務めます。ふるってご参加下さい。

         記

【名 称】 「伊勢崎賢治氏講演会」 
【テーマ】 安保法制が「作動」する参院選後、何が変わるのか
       ~自衛隊の南スーダン派遣とPKOの現実を問う~
【日 時】 2016年7月24日(日) 14:00~16:30
【場 所】 名古屋市教育館 2階講堂
     (地下鉄「栄」駅②番、③番、⑩B番出口すぐ)

【主 催】 自衛隊イラク派兵差止訴訟弁護団(団長 内河恵一弁護士)
【参加費】 500円(学生無料)
【連絡先】 自衛隊イラク派兵差止訴訟弁護団(事務局長 川口創弁護士)
      (電話:052-211-2236 名古屋第一法律事務所内)
以上
[PR]
by kahajime | 2016-07-22 11:28 | 憲法