「駆けつけ警護」などの閣議決定を踏まえ、南スーダンPKO自衛隊派遣を考える企画を弁護士会で行います

企画のご案内です。ぜひ、多くの方にご参加戴きたい企画です。

11月15日、政府は、南スーダンに派遣されている自衛隊の任務に、去年成立した安保法制にもとづいて、「駆けつけ警護」などを加える閣議決定をしました。

「駆けつけ警護」は、武力行使に発展する可能性が極めて高く、憲法違反にあたるとしてこれまで認められてこなかった任務です。

「駆けつけ警護」を認めれば、日本が他国の市民に銃口を向け、あるいは向けられかねない事態になりかねません。とても重大な問題です。

この「駆けつけ警護」を考えるにあたっては、南スーダンのこと、そしてPKOのことも共有しておきたいところです。

そこで、なかなか知られていない南スーダンの実態について、ジャーナリストの布施祐仁さんに報告いただき、PKOの現状について、国際紛争解決のスペシャリストの伊勢崎賢治さんから映像などを交えて報告いただきます。

その後、コーディネート(川口創弁護士)をはさみながら、南スーダンでの自衛隊の活動に、駆けつけ警護を加えていくことの問題について、ディスカッションをしがなが深めていきます。

とてもタイムリーな企画です。

保育もありますので、ぜひ、多くの方にご参加いただきたいとおもいます。

■タイトル:「憲法と南スーダン・PKO自衛隊派遣」
■講師:伊勢崎賢治さん(東京外大教授)
 布施祐仁さん(ジャーナリスト)
■日時:11月23日(祝)1:30~
■場所:名古屋・東別院ホール(東別院駅下車すぐ)。
■主催:愛知県弁護士会。共催。日本弁護士連合会
■入場料無料・先着400名。予約不要。
■保育あり(保育は事前予約を⇒愛知県弁護士会 052ー203-4410)
[PR]
by kahajime | 2016-11-15 12:29 | 憲法