教育施設の日照と生活環境を守る条例を

園庭の南側に15階建ての高層マンションが建てられようとしている、名古屋教会幼稚園の続報です。 

名古屋教会幼稚園は、67年前から今の場所にあり、幼稚園の園庭は小さいけれど、 子どもたちの生活と成長にとってかけがえのない場所です。

2016年3月、真南の土地に高層マンションの建設計画が作られましたが、保護者などの署名活動により計画は頓挫し、会社は撤退しました。

しかし、その後、幼稚園が北側にあるのを承知で プレサンスコーポレーションさんが土地 を購入し、15階建ての高層マンションの建設をしようとしています。

前回、 多くの方たちの運動でマンション建設が中止になり、 せっかく子どもたちの環境を守ることができたのに、再び同じ問題が起こっています。

幼稚園のお母さんたちは言います。

「子どもたちのおひさまを守る活動を通して、 私たちの幼稚園と同じような思いや闘いをしている保育園や養護学校などが、たくさんあることを知りました!そして、 みんなが感じているのは、 子どもたちを守るべきはずの行政や自治体が、具体的に何も動いてくれないことです。」

そして、「幼稚園や保育園・ 養護学校などの教育施設の日照と生活環境を守りる条例を作ろう!」と、さらなる運動に踏みだしました。

キャンペーン「子どもたちにおひさまを!」に、是非ご賛同下さい。


ご支援、よろしくお願いいたします。
[PR]
by kahajime | 2017-01-08 07:57 | 保育