<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「震災シンポ 避難所リーダーの役割」のお誘いです。

日時: 11月28日(金) 午後6時半~8時半
場所: 名古屋第一法律事務所(名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル)3階会議室
問合せ:052-211-2236(担当事務局 大場まで)
主催:名古屋第一法律事務所

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~              
                     
 震災から3年半が経ちました。

 この間も、各所で震災を振り返りがなされ、会社におけるBCPの役割や、震災時の行政の連携のあり方など、様々な点からの検証が行われてきました。防災の点での対策も見直されてきています。

 しかし、震災が生ずれば、まず私たち自身が、避難所で生活することを余儀なくされることは十分あり得ることですが(金メダリストの羽生くんも避難所生活を送ったのです)、私たちの生きる基盤となる、避難所運営については、残念ながら知見が進んでいるとは言い難い状況にあります。

 震災後、避難所では、集団生活を送っていく中で、日々様々な問題が生じてくることは必然です。震災直後と、一定期間を経過したときとでは直面する問題も異なります。

 地方議員のみなさん、地元商工会のみなさんなど、地域に根を張った方達は、いざ震災が生じたときには、地域の避難所において、必然的にリーダーとしての役割を求められる立場にあると思います。

 いざ震災が生じ、避難所の運営に携わる必要に迫られる場合に備えて、東日本大震災での知見を学んでおくことは、地域住民の命と暮らしを守っていくうえで極めて重要なことではないでしょうか。

 今回のシンポのゲストには、まさに、石巻の「湊小学校」(テレビなどメディアにも取り上げられていますのでご存じの方も少なくないと思います)の避難所で、現地対策本部長として、避難所運営に長期間携われた庄司慈明さんを石巻からお招きいたします。庄司さんに、避難所で運営の経験(失敗談も含め)大いに語っていただき、避難所運営の知見を皆さんとともに共有し、議論する機会にしていきたいと思っております。

 避難所リーダーとしての資質を身につけていただき、平時、非常時を問わず、地域のリーダーとしてますますご活躍いただきたいと思います。
 貴重な機会です。多くの皆さんにご参加いただきたいと思います。ご多忙とは思いますが、ぜひ、足をお運びいただければ幸いです。
    
[PR]
by kahajime | 2014-11-11 17:25 | 震災
企画のお知らせです。

■11月24日18時半から名古屋第一法律事務所にて、です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『イラク戦争、集団的自衛権行使を問う』 名古屋集会
  ~イラク戦争 ファルージャ総攻撃から10年
  ~イラク・ファルージャ総攻撃に参加した元米海兵隊員名古屋で語る

 秘密保護法制の施行を急ぎ、憲法解釈を変更して集団的自衛権行使を容認し、沖縄・辺野古へ新米軍基地を建設しようとする安倍政権。「戦争しない国」から、米国とともに「戦争する国」へと変えようとしています。多くの人たちが、日本国平和憲法の理念を踏みにじる危険な流れに危機感を抱き、若い世代の間では、将来、自分たちが戦争に巻き込まれるのではないかという不安が広がっています。

 この度、「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」は、2004年11月の2回目のファルージャ総攻撃に参加した米軍による虐殺の経験から、帰国後罪悪感に苛まれ反戦活動家となったロス・カプーティさんを招聘しました。名古屋でも、下記の通り集会を開催します。

 安倍政権が「戦争できる国」づくりを進める中、深い懺悔から軍服を燃やしたというロスさんから、イラク戦争の現実、ファルージャでの経験、戦争被害の実状、そして今の思いを語ってもらいます。合わせて、イラクの現状を高遠菜穂子さんに報告して頂く予定です。ご参加ください。

        記

【日時】 2014年11月24日(月)18:30~20:30(21:00まで延長可能)

【場所】 名古屋第一法律事務所 3階会議室
    (名古屋市中区丸の内2-18-22 三博ビル)
    (地下鉄桜通線『丸の内』駅エレベーター出口すぐ)

【内容】
1) 講演「イラク・ファルージャ総攻撃に参加した体験から」
    講演者:ロス・カプーティさん(元米軍海兵隊員)
         「ファルージャの正義プロジェクト」設立者
         イラク戦争犠牲者への「償いプロジェクト」共同設立者
2) イラク現状報告
   報告者:高遠菜穂子さん(イラク支援ボランティア)
3) 懇談

【参加費】1,000円(学生無料)
    *お手数ですが、準備の都合上、参加希望の方は事前に連絡ください。
    <参加連絡先>
    → 名古屋第一法律事務所 弁護士川口創
      21日までにお電話(052-211-2236)にて、氏名と連絡先をお知らせください。
   
【備考】①逐次通訳(日/英)あり
    ②本集会は、「イラク戦争の検証を求めるネットワーク」と「自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋弁護団」有志/「自衛隊イラク派兵差止訴訟・元原告有志」による共催です。

<ロス・カプーティさんプロフィール>
2004年11月の2回目のファルージャ総攻撃に海兵隊員として参加。そこでの経験がロスさんを反戦活動家に転換させた。罪悪感に苛まれ、軍服を燃やしたロスさんは、「ファルージャの正義プロジェクト」を設立。言語学者/社会哲学者のノーム・チョムスキー教授など米国の著名な反戦活動家も参加し、米国の戦争犯罪犠牲者との連帯を促進し、米国によるすべての戦争と占領を終結させるための活動をしている。また、イラク戦争犠牲者への「償いプロジェクト」の共同設立者となり、難民・国内避難民支援や医療支援だけでなく、和解、平和構築などにも取り組んでいる。

以上
[PR]
by kahajime | 2014-11-11 17:15 | イラク