<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

明けましておめでとうございます。

年末も迫った12月14日、衆議院総選挙が行われました。安倍さんは、選挙中は「アベノミクスが争点」と言い、集団的自衛権の問題についてはほとんど触れなかったのに、案の定、選挙が終わった直後から「集団的自衛権行使についても信任をいただいた」と宣伝しています。

選挙結果についての見方はいろいろあると思いますが、自民党をさらに右から補完していた議席が大きく減少する一方、集団的自衛権の反対する議席が増えたことから、今年4月以降に行われるであろう集団的自衛権に関する国会論戦の構図がとても分かりやすくなったことは間違いありません。

安倍さんは集団的自衛権について、「切れ目のない安全保障政策」などのキーワードを繰り返すだけで、具体的な議論を避け続けています。事実に基づかない、何となくのイメージだけで意見を一方的に述べる「居酒屋談義」の域を超えていません。

しかし、集団的自衛権の問題は、子どもたち、孫たちにの命に関わる重要な問題です。 議論に関わることも出来ない子どもたちの未来を、今の大人がしっかりと事実に向き合うこともなく、無責任に決めてしまって良いはずがありません。

まず何より、私たち主権者一人ひとりが、主体的に学び、声をあげていくことが大事なのではないでしょうか。

春に行われる統一地方選挙でも、集団的自衛権の問題を大きな争点にしていくことが必要です。地域に生きる住民の一人として、地域で学ぶ輪を広げ、声を大きくしていきたいと思います。
[PR]